メニュー

RECRUIT / 採用情報

モノリスソフトってどんな会社?にお答えします。

モノリスソフトはいつできたのですか。

1999年10月に設立されました。
当時は、神奈川県横浜市に事業所を構え、ナムコ(※現・バンダイナムコアミューズメント)グループとしてスタートしました。
2007年5月に任天堂のグループ傘下となり、任天堂タイトル「ゼルダの伝説」「スプラトゥーン」「どうぶつの森」の受託制作や、自社オリジナルタイトルの「ゼノブレイド」シリーズの制作など、独立性を保ちながらも、安定した経営環境のもとで「よりクオリティの高いゲーム」を目指して開発を行っています。

<

勤務形態について教えてください。

2008年より実働8時間の定時労働制を採用しています。
東京は10時~19時、京都は9~18時の勤務時間になります。「みなし残業」はありません。
但しプロジェクトの進行上やむを得ず「残業」や「休日出勤」 となる場合がありますが、もちろん残業を行ったすべての時間に割増賃金が発生し、支払われます。

東京⇔京都間、各事業所の異動はありますか。

あります。
その時々のプロジェクトの内容によって異動がありますこと、予めご了承ください。

人材育成、研修制度について教えてください。

ビジネススキルを高めるための研修を導入しています。一定のスキルを持つスタッフを集めて講師の先生を招き、会社という「チーム」の中での視点・意識を養い高め、社内外でより良い動きが取れるよう、また自主的に環境に目を向け、課題解決に向けての思考・行動につながるよう、実施しています。

新入社員には、研修制度を用意しています。メールの書き方から、関発に必要なツールの操作など、はじめて使う方や技術や知識に不安のある方でも無理なくスキルアップできるよう丁寧にフォローしています。
新卒社員へのインタビューはこちら

開発環境について教えてください。

詳しくはお答えできないのですが、開発ツールに関しては、その時々のプロジェクトで必要とするツールが様々あり、かなり多くのツールを導入しています。
スタッフからの希望も積極的に受け入れるようにして、常に開発環境の充実を図っています。
また、全社的にチャットツールの導入や、各事業所間ではビデオ会議システムを使ってのミーティングを行っています。離れている事業所でのコミュニケーション、情報交換・共有する場として活用されています。

社内環境についてはいかがでしょうか。

日常の出来事はもちろん、問題があれば、すぐにチーム内で話しあったり、上長と話ができる環境です。
また、前述しましたように、各種のコミュニケーションツールを導入していますが、それだけではなく、全社員一同が会する社員集会を年に1度行い、各プロダクションの交流や情報交換を行っています。
メンタルヘルスに関しては、長時間労働など一定の業務の基準を超えた時や、本人からの希望があった場合、積極的に産業医面談などが受けられる体制になっています。

少し細かいお話になりますが、社員が健康診断で一次検査を受けて、例えば「再検査」となった場合、再検査の一回目までは費用を会社負担にしています。
この再検査も、業務として、業務時間内に行くようにしていますのでわざわざ有給を取って行かなければいけない、ということはありませんし、再検査の一回目までは自己負担もありませんので、健康面については積極的に自身で意識してもらって、無駄な出費をせずに健康診断が受けられるような体制を取っています。
福利厚生についてはこちら

有休の消化率についてはいかがでしょうか。

有休の消化率は高いほうだと思います。
プロジェクトの繁忙期を除けば、有給休暇や代休も取りやすく、リフレッシュという本来の目的をしっかり使うことができます。

モノリスソフトは、充実した開発環境、安心できる労働環境を常に意識しています。モノリスソフトは、充実した開発環境、安心できる労働環境を常に意識しています。

  • 新卒採用のFAQはこちら
  • 中途採用のFAQはこちら

ページトップへ