メニュー

INTERVIEW / インタビュー

このページはリクルート活動の一環として、
外部のインタビュアーに委託し、行っています。

番外編 大崎スタジオ設立記念インタビュー
代表取締役 杉浦 博英 取締役 野村 匡

大崎スタジオの設立にあたって

本日は、杉浦社長と大崎スタジオの担当役員である野村取締役に、新スタジオについてのお話を伺いたいと思います。まずは、大崎スタジオの開所、おめでとうございます。

杉浦・野村
ありがとうございます。

なぜ大崎にスタジオを設立されたのでしょうか。

杉浦
おかげさまで当社はここ数年、制作スタッフがかなり増えていまして、10年前と比べ倍以上の200名ほどの社員数となりました(2019年9月現在)。人員の増加により、2017年には東京本社(以下、本社)のすぐ近くに中目黒GSスタジオを、2018年には飯田橋スタジオと拠点を増やし対応してきたのですが、スタジオが3カ所に分散したことで、いろいろな問題が生じてきました。たとえば、ミーティングをするとなった時、複雑な話になるとやはり、関係者が集まって面と向かって話したほうが、細かなニュアンスが伝えやすかったり、時間の短縮にもつながるんですけれど、移動だけで時間のロスが生じてしまうようになってしまいました。こういった問題を解消するために、プロジェクトの拠点を1カ所にする必要があると考え、スタジオの設立に至りました。

開発スタッフの人数から、かなり大きな物件を探さないとですね。すぐに物件は見つかったのでしょうか。

杉浦
社員だけではなく、派遣社員やフリーランスの方もいらっしゃいますから、決して簡単ではありませんでした。ご存知かもわかりませんが、じつは今、都心のオフィス空室率は数%という史上最低の水準が続いていて、そもそも空き物件自体が限られた数しか存在しないんです。その中で、本社とアクセスしやすいエリアで、できるだけ駅から近く、しかも500坪クラスのフロア面積を確保できるような好立地・好条件のオフィスとなると、なかなか見つけにくい状況でした。
野村
どんどん人員が増えていく一方で、一刻も早く解消しなければならない案件でしたね。非効率な状況のままプロジェクトに遅れを出すわけにもいきませんし、物件が見つからないといって先延ばしするわけにもいかず、まさに「待ったなし」でした。
杉浦
ええ。そうした厳しい状況の中でタイミング良くこの物件に会うことができて、本当に良かったと思っています。さすがに、本社のように「駅から徒歩1分」とまではいきませんでしたが(笑)
野村
そうですね、駅からは少し歩くようになってしまいましたが、交通の便で言うと、任天堂さんとの行き来が楽になりました。大崎駅から1つ目の品川駅から新幹線で京都にいけるのでとても便利ですね。

周辺環境も良い場所だと思いますが。

杉浦
JR大崎駅からゲートシティ大崎内を通る方法が最短ルートで、徒歩10分ほどで大崎スタジオに到着します。ゲートシティ内を抜けると小さな公園があって、目黒川沿いには並木道もあり、春には桜も見れるようです。緑が多く、落ち着いた雰囲気も感じられる立地だと思います。

オフィス内でこだわられた場所などはありますか。

杉浦
こだわりというほどではないかもしれませんが、本社では会議スペースが不足していたので、ミーティングルームを倍以上確保し充実させました。部屋ごとに壁や椅子などのしつらえも変えたので、クリエイティブな面がより引き出される空間になっていけばいいなと思っています。
杉浦
働きやすさの観点でいうと、一人ひとりのデスクスペースもかなり広めに確保していますので、快適に作業できる環境だと思います。デスクを隔てるパーテーションをなくし、フロア内も余計な仕切りや壁を設けていないので、広くゆったりとした空間に感じられるのではないでしょうか。
野村
コミュニケーションをとりやすい環境づくりを意識しました。ものづくりには雰囲気も大切ですから。そういった意味では、開発効率やクオリティ向上につながるオフィス環境を実現できたと思います。

大崎スタジオの設立の経緯を始め、モノリスソフトは労務環境全般の改善に積極的に取り組んでおられる印象がありますがいかがでしょうか。

杉浦
確かに、みなし残業を廃止したり、オフィス環境の整備に努めたりと、労務環境の改善を少しずつ行ってきました。でも、何か特別なことをしているつもりはなくて、現代の企業のあり方として当たり前のことだと考えています。こういった社員に対する労務環境の改善、一つひとつの積み重ねが、ユーザーの皆さんに楽しんでいただけるようなタイトルづくりにつながると考えています。
杉浦
ただ、社員からすれば、まだまだ「○○してほしい」といった要望はあると思うんです。なので現状で満足することなく、今後もそうした要望に少しずつ応えていきながら、社員みんなが安心して働ける環境を、社員とその家族の人生の節目ごとに「この会社があることで家族の幸せがある」と感じてもらえるような会社であり続けたいですね。

大崎スタジオの今後の展望をお聞かせください。

杉浦
当然のことですが、まずは現在進行中のプロジェクトを成功させるのが最大の目標ですね。それと大崎スタジオでもR&Dを進めて、会社全体としての技術力をこれまで以上に向上させていきたいと考えています。
野村
はい。拠点が集約されたメリットを最大限に活かしクオリティを高め、ぜひ良いタイトルにつなげていきたいですね。

最後に、大崎スタジオ開所でさらにパワーアップしたモノリスソフトですが、どのような方に入社していただきたいですか。

杉浦
モノリスソフトは、10月で設立20周年を迎えますが、これまで以上にユーザーの皆さんに楽しんでいただけるタイトルを開発していきたいと考えています。職種ごとに求められるスキルは異なりますが、私としては「志を持った方」に来ていただきたいですね。たとえば、モノリスで経験を積んで「将来は海外のゲームメーカーで働きたい」であったり「モノリスでのし上がって社長になりたい!」という方とか(笑)。ただ漠然と、日々の生活のためだけに働くのではなく、将来の目標をしっかりと見据えている方と一緒にゲームづくりをしていきたいですね。
野村
気になった方は是非、採用情報にて募集要項をご覧ください。ここ大崎スタジオでともに働いてくださる方をお待ちしております。

本日はどうもありがとうございました。

ページトップへ