会社情報

ビジョン

ごあいさつ

会社概要

会社沿革

役員紹介

事業所案内

ビジョン

柔軟な対応を可能にする開発体制

より優れたプロダクトを生み出すために

モノリスソフトの開発陣は主に企画、プログラム、グラフィックの3部門から構成されます。
そしてそれぞれの部門から選抜されたチームによる「スタジオ」によって開発が行われます。
選抜によるスタジオ編成はプロダクトの特性に応じて適材を適所に配置できることから、
人員の固定化された開発チームに較べてよりフレッシュでフレキシブルな物作りを可能にします。
また、モノリスソフトはプロダクト開発において外部の血を導入することに抵抗を感じません。
より優れたプロダクトを産み出すだめに社外の手が必要であると判断した場合には、
躊躇なくそれを採用してプロダクトに組み込みます。
優秀な社外クリエイティヴとのパイプは、モノリスソフトの重要な資産の一部であると考えます。

経験と実績を積んだ技術力

「バテン・カイトス」「ゼノサーガ」シリーズを始めとする数々のソフトを送り出し、
その間も、日々進化するグラフィック技術・プログラム開発に対し、技術を磨いてきました。
開発会社として「良い物をつくる」のは当然のことと、求められること以上の物づくりができるよう、
社員ひとりひとり学ぶ姿勢は惜しみません。

ゲーム開発における環境

「良い物をつくる」・「物を作りだす」には、それを作るべき人の環境が整っていなければなりません。
モノリスソフトでは、開発機材など物づくりに対して最良の環境を整えています。
また、アイディアが湧いた際いつでも話し合えるミーティングスペースや、他社からのどのような製品が
でているかを把握できるよう、様々な雑誌媒体や映像媒体を閲覧できるようにしています。